英会話ARTEMIS HOME   > イベントアルバム

第60次式年造替に沸く世界遺産奈良春日大社ご参拝ツアー(2015.3.8)


ブッククラブ(2015.2.28)

英会話アルテミス豊中人気アメリカ人講師Sonny先生によるブッククラブ。

参加者のお声

●N.A さん 40代女性 主婦: 今まで本のディスカッションの経験はありませんでしたが、同じ本でも読み手により解釈や興味、疑問の観点が違うので勉強になります。 英語の本なので私の1人では読み解くのは難しいですが、講師の方や、クラブに参加されてる方々とのディスカッションで読み進めることが出来るのだと思います。

●ヨッシーさん 40代女性 職業 紅茶教室: 私は日本語の本を読むとき、大抵すらすら〜と先を急いで読んでしまいます。英語の本は、分からない単語でいちいち引っかかってます...。
ブッククラブで日本語訳ではない英語訳(他言語)の本を読むことで、同じ本なのに、“印象や捉え方が変わってしまう”ということ体験しました。いちいち引っかかるし、単語の意味をイメージして覚えようとするからか、物語の場面を想像するコマが増えるのかもしれません。
もちろん、読んだ時の年齢や、取り巻く環境によっても印象は変わってくると思うのですが。
みんなで一つの本を読んで、先生から解説してもらう。
先生やみんなが話す英語をうまく聞き取れない私にはカン違いもいっぱいですが、日本とは違う思想なんかも垣間みれて、面白いです。

●ちこさん 40代女性 職業会社員: 英語好き、読書好きな人が楽しめるブッククラブです。
一人だとなんとなく読み進めてしまう本も、感想を話し合ったり聞いたりすることで、内容を深く理解できたり自分では思いつかなかった考え方があって、「なるほどなぁ」と思うことも度々あります。
また、洋書ということで外国が舞台の話になりますが、日本と違う習慣や考え方などはSonny先生が補ってくれるので、わかりやすい!
クラブの雰囲気も和気あいあいとしていて、英語が下手な私でも居心地よく過ごせます。
会場の「江坂の洋書屋」さんも、外国の小さな書店のような素敵な雰囲気のお店なので、クラブが終わった後もついつい長居しそうに・・・。
英語の勉強が続かなかったり苦手な人でも、英語の楽しさを知ることができるクラブだと思います。

●Aquarius さん 女性 職業会社員:たとえ児童書であっても、ボキャブラリー不足の私にとって、原書を読むという作業は、かなり大変なことです。「100%理解しようとするより英文を読むことを楽しんで!」という暖かい励ましを糧に、一生懸命アルファベットを目で追っていますが、Clubでは、Native講師の解説を必死で聞き取り、質問されると まさにしどろもどろで応えるという状態。なのに、それが楽しいんです!
英語学習の一環であること以上に、「読書というものは自分独りで楽しむもの」と思っていた私にとって、他の方の読み取り方や感じ方を聞かせていただけるBook Clubは、とても貴重な有意義な機会だと思っています。Native講師から英語を学べて、1冊の本を深く読み込めて、そして素敵なMemberの
皆さんと楽しく過ごせて、お茶とお菓子までいただける…こんなにお得なことがあるかしら? 他にもあったら…ぜひぜひ教えてください(笑)

●ユキコさん 20代女性 職業会社員:私は、サニー先生の解説が楽しみで、ブッククラブに参加しています。和訳を読めば文章の意味は理解できますが、ネイティヴによる解説を聞くことで、習慣や文化など、物語の背景まで知ることができ、文章を深く味わうことができます。これは一人で本を読んでいるだけでは、なかなか体験できないことです。
また、他の参加者の方が話す英語を聞くことが、自分の英語レベルを振り返る良い機会になっています。自分が英語を話す際は少し緊張しますが、話すうちに徐々にレベルが上がっているように思います。読む・聞く・話すの全てにおいて学びが多いことが、このブッククラブの良いところだと思います。

●モーリンさん 50代男性 職業翻訳業:普段、英語多読をやっています。もう11年目になり現在は小学校高学年から中学生ぐらいが対象のレベルの本を中心に読んでます。
ブッククラブには昨年春から参加していますが、参加理由はネイティブの方がどのように感じながら本を読んでいるかに興味があったからです。
実際に参加してみて、期待通り直接意見が聞けて「なるほど」と思うことが多く、独りで読むのとは違った楽しみかたができます。また、質問や感想など自分がしゃべる機会もあり、今まで英語をしゃべる機会が日常になかったので月に一回とはいえうれしいおまけです。

説明会バナー